2012年09月24日

●ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則

ビジョナリーカンパニー2
本来なら最初に「ビジョナリーカンパニー」をおすすめすべき
でしょうが、「2」はさらに良いと感じましたのでこちらから。
基本的には、「経営者たるものは・・・」という本ですが、
自動車ディーラーの所長(店長)とは言え、お店を構え、スタッ
ッフを持ち、ビジネスしている経営者といえます。
ただ違うのは、資本は自由にできないし、何かと稟議決済を取
らないと自由に決めれない、もしかしたら人事権も与えられて
いないかもしれませんが、やはりお店の責任者としての基本
理念は持ちたいものです。
「われわれは何者で、何のために存在し、何をやっているのか」
という基本理念。当然、会社にも企業理念はあるでしょうが、
お店にもお店ならではの理念がなければ、人はなかなか頑張り
続けれないと思います。
スタッフが何のために頑張るのかを理解されていないと、仕事
だからと言って、いくら「車を売ってこい」「保険を取ってこ
い」と命令しても、どこまで頑張ればいいのか、頑張り続けら
れないのではないでしょうか?
「人ありき」、それが企業が、お店が進歩す続ける基本に思い
ます。
お店の実績が飛躍的に伸びるためのエッセンスが、ここに
あります。

ビジョナリーカンパニー 2

ビジョナリーカンパニー 2








posted by オニとよばれた店長 at 23:10| おすすめ読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

東日本大震災お悔やみ

3月11日(金)に宮城県三陸沖を震源とした「東日本大震災」におきまして、
被害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

皆様のご無事を心よりお祈り申し上げますとともに
早期の復旧をお祈り申し上げます。

                           by オニ店長

posted by オニとよばれた店長 at 00:00| 新車販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

女性客を獲得する方法

今日のお題は、「女性客」です。

自動車販売台数の20%が軽自動車、コンパクトカーになった。
これ、自動車業界にいる新車ディーラーの所長、店長さんなら
ご存知ですよね。

確かに、自動車メーカーでいえば、ダイハツ、スズキのシェア
は、右肩あがりで販売台数も8月はホンダ、マツダを大きく超え
ています。

1位:トヨタ 98,376台
2位:日産  44,537台
3位:スズキ 43,120台
4位:ダイハツ41,579台
5位:ホンダ 34,271台
6位:マツダ 15,650台
7位:富士  10,972台
8位:三菱   9,655台(日本自動車工業会)

軽自動車、コンパクトカーへのダウンサイジングは今後も
加速するのでしょうね。

トヨタ自動車は9月26日、軽自動車「ピクシス スペース」を
発売したと発表。

これにより国内の全乗用車メーカーが軽自動車を販売すること
になった。

グループのダイハツ工業の「ムーヴコンテ」をOEMで、
カローラ店とネッツ店を中心に全国211社3095店で取り
扱うことになりました。

となるとターゲットはやはり、「女性客」となり各社そのへんの
集客アップをめざすことでしょう。

では、新車ディーラーの所長、店長としてはどうするのか?
続きを読む
posted by オニとよばれた店長 at 00:11| 販売促進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

自動車ディーラー店長のマネジメント

6月の自動車登録台数が発表されましたね。
みなさんのメーカーはいかがでしたか?

震災後、各自動車メーカーはその減産による影響で苦しみました。
その結果全体では、報道のとおり前年比30%近い現象となりました。

各ディーラーは、新車販売に頼らない収益体質をつくることに
この時期は、集中したことでしょう。

ディーラーの店長は、中古車販売、サービス収益、保険、クレジットなど
手数料収益確保、そして経費削減策などに一生懸命だったと思います。

大きな成果を出したディーラーも多いでしょうが
今日はあえて、現場の苦しい対応について書いてみようと思います。

特にサービス収益において、高い計画に修正されたお店も多いと思います。
震災後、4・5・6月と3ヶ月、点検・車検の取り込みなど
過度な目標を掲げていませんでしたか?

点検・車検の先取り・・・
実施率が本当に上がっているなら心配しませんが
この7月、8月平常時の対象が残っているか?

そしてもうひとつの心配、それは現場のスタッフのモチベーションです。

今日、話したいのは「生産性とやりがいを両立させるには」です。
続きを読む
posted by オニとよばれた店長 at 00:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 店長のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

東北大震災の自動車ディーラーへの影響

この度の「東日本大震災」のよる各業界への影響は
とても大きく、自動車販売においても例外ではないのですが

皆さんのディーラーでは、どのように対応しているでしょうか?

私たち、自動車ディーラーに勤める人間に
被災地域の人たちに何ができるか?

お悔やみの表示や店頭募金は、みなさんのディーラーでも
なされていることでしょう。

一般の会社員である私たちが、ボランティアにいけるはずもなく
以外に無力だと感じています。

日産では、モータープールにあった在庫車1千台が
流されてしまったようです。

被災地域での流出した自動車は、14万台を超えているようです。

また東北地方には、自動車メーカーの部品製造会社が多く存在し
稼動できずに、新車の製造がままならない状況は各社同様でしょう。

新車の納期が見えない中、すでに被災前に契約いただいた
お客様にも対応しなければなりません。

私の勤めるディーラーでもまずは、納車待ちのお客様に、
営業マンからの電話での納期遅れのご案内と
お詫びのメッセージDMを送りました。

今の段階では、お客様もご理解いただいているようですが
納期が見えてこないようですとこの先心配です。

これだけ被害が大きくなると、買い控えなど販売への影響も
出てくると思われます。

今後、私たち自動車ディーラーはどう対応していくのか
皆さんとシェアできればと思います。



posted by オニとよばれた店長 at 00:00| モチベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

販売台数と台当り粗利、どちらが優先?

[自動車販売] ブログ村キーワード

自動車販売のディーラーの
店長、所長の悩みのひとつに
新車販売における値引きの
条件ってありませんか?

自動車販売がメインであると
言えない時代ですが
新車ディラーにとって

お客様を増やす手段である
台当り粗利は重要ですね。

自動車のダウンサイズィング
があたり前の時代となりました。

しかし、会社は台当り粗利も
重要視します。

管理職であるディラー店長が
その時、取る判断基準は
どう考えるのか?

続きを読む
posted by オニとよばれた店長 at 01:30| 店長のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

ディーラーのお客様対応品質

[自動車販売] ブログ村キーワード
自動車ディーラーの『顧客満足』として、あまり語られないけど
成果があったお話。

その前にこのブログを応援ください。
クリック⇒ にほんブログ村 マネジメント

自動車ディーラーに限らず、サービス業なら『顧客満足』について
取り組んでいるこの時代ですが・・・

自動車ディーラーが『顧客満足』としている対象は、
そのディーラーで、そのお店で購入された方が中心となっています。

が本当にそうでしょうか?

自動車業界は、成熟産業で、その保有台数は減少していきます。
実は私たち自動車ディーラーは生き残りをかけている状態、

現場の私たち自動車ディーラーの社員は、販売台数の低下を
知っているはずなのに自動車メーカーが考えているよりも、
危機感が薄いのかもしれない。

そんな中、伸びているお店もあります。

何が違うのか?

続きを読む
posted by オニとよばれた店長 at 09:27| CS 顧客満足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

CS(顧客満足)よりもES?

[自動車販売] ブログ村キーワード

ちょっと気になる話です。

新車ディーラーの店長の悩みのひとつに
『営業マンの仕事の成果』ってありますよね。

どうやって営業スタッフに成果を出してもらうのか?

そして、よくマネジメントで出てくる言葉に
CS『顧客満足』よりもES『社員満足』というのがあります。

営業スタッフが、より一生懸命活動してくれるために
実はES『社員満足』って大切なことなんです。

なかなか新車ディーラーでは、実感がない言葉だったのですが
偶然みた新車ディーラーの営業マンのブログでいい話。

しかもブログタイトルも偶然、私の営業マンスタンスですが
けっして私ではありません。

こちら⇒ 『自動車ディーラーの営業マン日記』

どうでしょう?

この営業マンの方は、店長の行動に『安心感』を覚え
これは営業マンに必要なことだとおっしゃっています。

そしてこんな店長になりたいとまで・・・

店長にとって、この営業スタッフは頼りになることでしょう。

そして、店長の仕事のひとつ、『人材育成』をも同時に
されているのではないでしょうか?

私たち自動車ディーラーにとって”ES”(社員満足)は
たいへん効果が大きいようです。


このブログを応援ください⇒ にほんブログ村 マネジメント
posted by オニとよばれた店長 at 01:53| 店長のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディーラーに顧客満足は必要か?

[自動車販売] ブログ村キーワード
新車ディーラーの店長にとって『顧客満足』とは?

新車ディーラーは、販売が命、収益が優先。
だから『顧客満足』は必要がない?

『お客様満足』では、「飯は食えない」といわれる店長がいます。
特にベテランに多いようです。

本当にそうでしょうか?

新車ディーラーの店長って、営業出身の方が多いと思います。

ちょっと考えてください。

その考え、変わりますよ・・・

続きを読む
posted by オニとよばれた店長 at 01:10| CS 顧客満足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

増車(併有車)成約の拡大方法

[自動車販売] ブログ村キーワード

「増車」成約とは、メーカーによっては「併有車」とか
「家族保有車」「セカンドカー」とか呼ばれているようですが
ようは、同じ世帯の保有する他銘柄のクルマを下取りとした
成約のことです。

今回はその「増車」成約についてのお話です。

自動車販売にとって、新規のお客様の来店が期待できない現在
一番台数が計算できるのが、前回記事にした既納先の「代替」です。

過去の記事>代替成約を増やす方法1 ←クリック

その次に、獲得しやすいのが「増車」なんです。

各メーカーサイドはすでにその取組みを強化しているようですが、皆さんのディーラーはいかがでしょう?

トヨタも日産もホンダも数年前から取り組んでいますよね。

ですが、肝心の営業マンたちはどうでしょう?

営業センスがあり、自分で工夫をして併有車の攻略をしている
セールス、営業マンはすでに成果を出していますよね。

ところが、何年も経験を持った営業スタッフが自分のお客様の
セカンドカーや家族保有車も知らないのが現状ではないですか?

先の「代替」もそうでしたが、お付き合いの深いお客様の方から
出てきた商談だけを待っている状態ではないでしょうか?

ですが、それは古いタイプの営業スタイルと言わざる得ないと
思います。

では、店長は営業スタッフの増車成約をどう増やしてあげるのか?

続きを読む
posted by オニとよばれた店長 at 23:24| Comment(0) | 新車販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする